借金とブラックリストについて

借金とブラックリストについて

一度でも借金を滞納をしてしまうと、金融機関のブラックリストに登録されるといいます。
これは、あながち間違いではありません。
実は民間企業やサラ金業者といった金融機関が「信用情報機関」という企業を設置していて、そこで様々な個人情報・ネガティブ情報・長期滞納者情報・弁護士介入等々といったリストを作成しているのです。
特に信用情報機関に報告される情報の中で、返済滞納(事故情報)や債務整理が行われた場合、それがより詳細に記録として登録されます。
任意整理の場合も同様です。
任意整理の場合もやはりブラックリストにのってしまいす。