住まいに関するAtoZ

住まいは投資も考えて

住宅ローンが過去最低金利と言われる昨今、自宅用として購入する住まいは、将来的な投資を考えることが最前線のトレンドです。

投資用住宅を購入すると考えると、高金利ですが、少しでも自宅として使用し、その後賃貸に出すなどと考えると、自宅用の低金利のローンで借りられるわけです。

返済が終わっても、終わらなくてもローンより高い家賃で賃借契約を結べるところを購入することをお勧めします。

企業戦士の場合、転勤をすることによって、家賃収入も副収入として入ることも期待できます。

また老後のことを考えても、賃貸収入は大きいと思います。

ローン金額より、賃借契約金の方が多ければ、その分繰り上げ返済も多くでき、完済までの期間も短くなります。

住宅購入を考える場合、環境や子育てなど考えることも多いと思いますが、優先順位として投資も考えていくことができれば、年金があてにならない昨今の状況では、老後も安心して暮らせる一つの手段となると思います。